トレタテブログ
\毎日がおもしろい・気になるがたくさん/
気になる人物

【髙崎洋祐の経歴】プロフィールやイケメン彫刻家の年収はいくら?

髙崎洋祐(たかさきようすけ)さんが4月26日放送の「明石家さんまの転職DE天職」に登場。

イケメン彫刻家で見事さんまさんに認められた彫刻家さんです!

髙崎洋祐さんの経歴やプロフィール、年収について探っていきたいと思います。

髙崎洋祐の経歴・プロフィール

●名前:髙崎洋祐(たかさきようすけ)
●出身地:大阪府
●居住地:京都府京都市
●出身高校:京都市立銅駝美術工芸高校
●出身大学:
・京都教育大学彫塑研究室科目等履修生
・金沢美術工芸大学美術科彫刻専攻

現在は、京都を拠点に活動されていて、京都精華大学や京都公立学校で非常勤講師として勤務されています。

経歴

大学を卒業してから現在まで、京都市内の一軒家をアトリエにして制作活動を開始。

グループ展や個展も勢力的に展開しながらファンも増えているようです。

最近の2019年には、数々の賞も獲得されています。

・2019:日本芸術会館 / 神戸(コレクション)
・2019年:第7回彫刻コンクール 優秀賞 (作品買い上げ)
・2019年:”Kyoto Art for Tomorrow”新鋭選抜展2019 入選

8年ほど活動を続けながら、建物の老朽化などで2020年の8月までに新しいアトリエに引っ越す予定のようです。

しばらく会っていなかった幼馴染が「こんな企画あるで」とメールをくれたのがきっかけで、「明石家さんまの転職DE天職」に応募。

見事合格し、出演出来ることになったようですよ!

「明石家さんまの転職DE天職」で新作を作成

「明石家さんまの転職DE天職」の企画のために1メートル超の新作を作ったそうです。

コロナで疲弊している日本の人々に少しでも力になって欲しいと願いを込めた作品だそう。

髙崎さんは、初めての地上波出演がゴールデン特番のようですよ。

きっと、これからますます作品作成や展示会のオファーが来るといいですね!

髙崎洋祐はイケメン彫刻家で作品もすごい!【画像】

髙崎さんはモデルもやっていそうなぐらいイケメンな彫刻家さんです。

作品もユーモアがあって色使いも立体の描写も綺麗です!

動物と人間を掛け合わせたコンセプトも独創的です^^

彫刻家の舟越桂さんのような雰囲気をもった作品ですね。

髙崎洋祐の彫刻家の年収はいくら?

髙崎洋祐の彫刻家の年収はいくら?

彫刻家の年収はピンからキリまであります。

作品を作って販売することで生計を立てている人もいますし、アルバイトや非常勤講師をしながら活動を続ける人も。

髙崎洋祐さんは、京都精華大学や京都公立学校で非常勤講師として現在、勤務されています。

知り合いの彫刻家の先生は、教師をしながらも制作活動を続けていたので年収は一概にはいえませんが、

2008年版として発表されていた京都精華大学の教員の学部別最低年収と平均年収が次のように掲載されていました。

しかし、こちらは教授クラスの年収なので、非常勤講師となると給与はガクッと下がります。

引用元:https://kyuuryou.com/d26005-2008.html

2大学も掛け持ちで教えられているので、髙崎さんの年収は300~400万円ほどではないでしょうか?

プラスして制作した作品が売れれば収入になるので、500~600万円ぐらいの年収とも予想されます。

ただ、彫刻家は作品の材料代、時間も労力もかなりかかる仕事です。

手元に残るお金はあまりないかもしれませんね。

まとめ

髙崎洋祐さんが4月26日放送の「明石家さんまの転職DE天職」に登場。

さんまさんに見事選ばれて、1m超えの新作が紹介されます。

彫刻家は材料費や労力も掛かるので大変ですが、素晴らしい作品ばかりです。

イケメン彫刻家さんとしても今後作品展なども見てみたいですね!