トレタテブログ
\毎日がおもしろい・気になるがたくさん/
世間のニュース

【衆議院選挙】次回はいつ?2021年9-10月の秋頃?日程予想!

【衆議院選挙】次回はいつ?2020年~2021年9月か?

衆議院選挙の次回はいつなんでしょうか?

前回の「第48回衆議院議員総選挙」は2017年10月22日でした。

コロナウイルスで東京オリンピックは2021年に延期も決定。

次回の衆議院選挙はいつ開催されるのか日程を予想してみました!

【衆議院選挙】次回はいつ?2021年9-10月の秋頃?

【衆議院選挙】次回はいつ?2020年~2021年9月か?

次回の衆議院選挙は2021年9~10月頃だと思われます。

衆議院議員の任期は4年です。

普通なら4年ごとにきっちり衆議院選挙をやってそうですが、実際は4年経つ前に行われています。

前回と前々回の間も4年も経たずと開催されてるんです。

・第47回衆議院議員総選挙:2014年12月14日に実施
・第48回衆議院議員総選挙:2017年10月22日に実施

実際は、任期満了で衆議院選挙があることはほぼないそうです。

総理大臣が解散権を持ってるので任期4年の間にいつ行うのか決めることができます。

第48回衆議院議員総選挙が2017年10月22日だったので、任期満了時期は2021年10月頃。

現実的に考えられるのはそれ以前なので、次回の「第49回衆議院議員総選挙」の日程の予想は、

・2020年9~12月頃
・2021年9~12月頃

ただ、今は新型コロナウイルスの影響でオリンピック2021年7月に延期されましたよね。

なるべく自分の政党が次回の選挙でも勝つ状況で解散したいところ。
(政党へのイメージが悪い状態の時に解散すると、次回の選挙で勝てないから。)

もし、2020年9~12月頃に衆議院議員総選挙を行うとなると、現状は

・新型コロナウイルスでの対応の遅さや休業補償への不満
・消費増税10% など

となっていて、「もういい加減にしてくれ!」「安倍総理は代わってほしい」という国民の不満が爆発している中で解散総選挙を行うと負ける確率が高くなるのも目に見えています。

であれば、2021年の東京オリンピック(2021年7月23日~8月8日)が終わって、「コロナが落ち着いた」「オリンピックが無事終わってよかったね~」なムードの時に選挙をした方が安倍総理は有利。

安倍晋三首相の任期は通常であれば2021年9月末まで

自民党の党総裁任期は連続で3期9年までと決められています。

https://www.nippon.com/ja/features/h00296/

じゃあ、2021年の9月末以降は、別の人が総理大臣になる!と思ってしまいますが、確定ではありません。

自民党の中では「安倍総理が4期目も継続してほしい」という声が同じ党内からあがっています。

過去にも、自民党の党則が改正された実績もありますし。

ただ、支持率が低迷している安倍首相なので2021年9月末も続投する可能性は低いと予想されます。

安倍総理ご本人は期間延期について「本当に考えていない。頭の片隅にもない。」とも発言。

2021年3月頃までに党則の改正が行われなければ、安倍総理の任期延長の可能性はほぼなくなります。

【衆議院選挙】次回はいつ?2021年9-10月の秋頃?日程予想!まとめ

衆議院選挙の次回はいつ?という疑問を考えると、2020年9~12月頃は、新型コロナなどの影響で選挙どころではない。

安倍総理(自民党)への批判も殺到している状況で解散しても、次回の選挙で勝つ確率も低くなります。

であれば、2021年9~12月頃で「コロナがおさまった状況」「オリンピックが終わり和やかなムード」の時に解散し「第49回衆議院選挙」を行った方が自民党の議席を多く獲得できる可能性が。

次回の衆議院選挙には、若い人たちも他人事と思わずに未来を良くするため選挙に参加しましょう!