トレタテブログ
\毎日がおもしろい・気になるがたくさん/
セブンルール

山中歩いちご農家のwiki風プロフ【前職の世界的農薬メーカーは?】

山中歩(いちご農家)のプロフィール

山中歩(やまなかあゆみ)さんが3月31日の「セブンルール」にいちご農家を経営する女性として登場。

世界的な農薬メーカーに勤めていたにも関わらずキャリアを捨てていちご農家に。

山中歩さんのwiki風プロフィールから前職の世界的な農薬メーカー起業はどこなのか調べてみました。

山中歩(いちご農家)のプロフィール

山中歩(いちご農家)のプロフィール

●名前:山中歩
●生年月日:38歳
●出身地:大阪府
●出身大学:筑波大学大学院

肥料を極力使わない栽培方法でいちごの味にこだわっている山中さん。

口コミでもお客さんを増やし、地元の牧場や養蜂家と協力しジェラートなども開発されています。

山中さんは農家の出身ではありませんが、祖父母が梨農家だったそう。

「将来は農業をやりたい」とも考えていました。

筑波大学大学院では植物病理学を学んでいます。

山中歩は結婚している?旦那は誰?

山中歩は結婚している?旦那は誰?

山中歩さんは2009年にご結婚されています。

結婚したことをきっかけに夫婦でIターン就農。

2年間の農業研修などを経て、旦那様の故郷である山口県岩国市で「いちご農園TARO(タロウ)」の経営を始めています。

子どもさんは3人で男の子1人、女の子2人と暮らしています。

・長男:優一朗くん(6歳)
・長女:寧々ちゃん(4歳)
・二女:美咲ちゃん(2歳)

子どもたちもいつも美味しいいちごを食べられる環境なので、うらやましいですね。

旦那は山口県岩国市在住の山中健生

山中歩さんの夫は山中健生さん。

・以前は東京の会社に勤務
・大学院で植物病理学を学んでいた妻の歩さん出会う
・新規就農を志し、退職。茨城県のイチゴ農家で1年間研修
・祖父母の実家がある岩国市由宇町へ孫ターン
・柳井市のイチゴ農家で1年間研修後、2009年「TARO」を開業

将来の夢は、農業を通じて発展途上国の支援に携わること。

奥さんの夢を実現するために、最も難しいといわれている「イチゴの無農薬・無肥料栽培」を実現することだそうです。

旦那さんである山中健生さんがいちご農家になろうと思ったきっかけは「イチゴ農家は儲かるという話を聞いたから」だそう。

山中健生は山口県に移住する前は東京で就職

高専を卒業後、東京でコンピューター関係の会社に就職。

3年で退職し、お兄さんの影響で高校時代から始めていたサーフィンを上手くなろうとワーキングホリデーを利用してオーストラリアに。

帰国後は、機械系の会社に就職していますが、あまりやりがいを感じられず。

そんな時、仕事で行った筑波で、当時大学院で植物病理学を専攻していた奥さんとの出会いでした。

農業について楽しそうに話すのを聞いているうちに、農業への興味が湧いてきたそうです。

26歳の時にいちご農家になることを決意し、退職。

初めは奥さんと由宇町でいちご栽培を始めたのちに結婚されました。

もともと農業には興味がなかったのに、今では奥さんとなった山中歩さんの話を聞いて運命を感じたようですね。

山中歩のいちご農園TAROの場所はどこ?

山中歩のいちご農園TAROの場所はどこ?

山中歩さんが営んでいるいちご農園「TARO(タロウ)」は山口県岩国市にあります。

直売所はこちらです↓(ハウス横の事務所兼選果所)

◎直売所
〒740-1424 山口県岩国市由宇町港2-19

農園の広さは、2キロ平方メートルと広い畑ではないが、その分丁寧に育てられることが分かります。

もぎたての完熟いちごを直接販売している小屋には、連日行列ができているそうですよ!

手間ひまをかけて育てられているのに値段も450円(小粒で1パック)。

中粒でも540円と安い方ではないでしょうか?

「さちのか」のお取り寄せ通販は?

山中さんが栽培している「さちのか」のお取り寄せは楽天でも販売されていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】徳島産 枝付き ”さちのか” 大粒 約1.2kg いちご【予約 1月〜3月】
価格:4980円(税込、送料別) (2020/4/1時点)

楽天で購入

 

 

2018年の売り上げは750万円

いちごの農閑期は6~11月。

それ以外の時期にはいちご狩りで収入が得られないため、加工品も販売しています。

「地産地消」をテーマにジェラート(イチゴ、牛乳、蜂蜜で3層)を開発。

市内の酪農家、養蜂家と協力し道の駅などで売り出されています。

経営を学ぼうと県主催のセミナーなどにも積極的に参加しネットワークを広げる工夫も。

県岩国農林水産事務所は

仕事にひたむきで生活設計もしっかりしている。地域の女性農業者のモデルになる存在だ

と評価されるほどで地域の女性農業者のモデルとして期待されています。

もともと女性起業家としても積極的な姿勢が成功に導いてくれたようですね!

10月15日には県の勧めで家族経営協定を結び、2019年の売り上げ目標は1200万円。

山中歩がいちご農園になったきっかけは?

山中歩さんは、子どもの頃から果物農家の祖父の作る梨が大好きだったそう。

農家の役に立ちたいと思って理系の筑波大学の大学院で研究に。

その後、世界規模の農薬メーカーに勤めるエリート研究スタッフとなったが、入社早々に大きな矛盾を感じることが。

会社を退社し、2年間の農業研修などを経て夫の故郷、山口県にいちご農園をオープンさせます。

最初は、育成に失敗したこともありましたが3年目になると軌道に乗り始め、はや11年以上の経験者です。

山中歩の前職のグローバル企業は?

もともとはグローバル企業のエリート研究スタッフだった山中歩さん。

前職で勤めていた世界規模の農薬メーカーで場所は東京のようです。

筑波大学大学院で植物病理学を学び、世界的規模の農薬メーカーに研究グループの一員として就職。

2019年の世界市場シェア

農薬メーカーの世界売上高ランキング(2020年版)において2019年の世界市場シェアは次の順位です。

1位 バイエル 22%
2位 シンジェンタ 17%
3位 BASF 11%
4位 コルテバ 10%
5位 FMC 7%
6位 アダマ 6%
7位 ニューファーム 6%
8位 住友化学 5%
9位 UPL 5%

大手農薬メーカーであれば、東京にも支社などもあると思います。

山中さんは上位の農薬メーカーに勤務されていた可能性が高そうです。

山中歩いちご農家のwiki風プロフ【前職の世界的農薬メーカーは?】まとめ

今回は、「山中歩いちご農家のwiki風プロフ【前職の世界的農薬メーカーは?】」についてご紹介しました。

山中歩さんは祖父母が梨農家でいずれは農業をやりたいと思っていました。

夫である山中健生さんとは、筑波大学大学院で旦那さんが仕事で訪れたことがきっかけし結婚。

現在では、夫婦2人で行列のできるいちご農園を経営されていて、もっと多くの人に

旦那さんも奥さんの山中歩さんの「最も難しいといわれているイチゴの無農薬・無肥料栽培を実現する」という夢を叶えて欲しいですね。